頭皮 乾燥 季節

夏はトラブル、冬は乾燥、いつの季節も悩みはつきない・・・

冬は乾燥の季節、冬の気候が・・・というよりも、寒いときに行う私達の行動や環境が乾燥を招いています

 

1. 冬場に頭皮が乾燥するのはなぜ?

 

2. 夏場は乾燥がないから安心、と思いきや

 

3. 季節ごとに起こるトラブルを知り、解消法を知る!

 

冬場の乾燥は寒さ対策の結果

 

冬に乾燥しやすい、というのはおそらくご存知だと思います
湿気が低いから冬は乾燥しやすい、というのが一般的なイメージですが、実際は違います

 

冬でも乾燥しやすい原因は、エアコンやストーブなどの暖房機器や、密閉空間になりやすい部屋などにあります
気候による影響はありますが、それ以上に、寒さに対応するために部屋を閉めて暖かくすることの影響の方が遥かに大きいです

 

もしかしたらあなたの家は、きちんと乾燥対策で部屋の湿度を上げているかもしれません
ですが、冬は人がいる場所全てにおいて寒さの対策はばっちりされています

 

夏だと、いくら暑くても日陰で風が当たる場所なら外でも過ごせますが、冬はそうはいきません
知らず知らず水分が取られていき、乾燥していきます

 

顔や腕は分かりやすく乾燥しますが、頭皮はかゆみやフケが増して来ないと気付きにくく、対処もしづらいです
常日頃から乾燥しない行動をコツコツ取ること、自宅では湿度を保ち、外出時は水分補給を忘れない

 

日常のケアに乾燥しないシャンプーを使うのも手ですね
ハイビスカスシャンプーは特に乾燥に強く、オススメです

 

夏場は乾燥はしないが、トラブルが多い

 

反対に暑さが染みる夏は、頭皮の乾燥とは無縁ですが、それ以上にトラブルが多い季節
紫外線増加による皮脂の酸化、頭皮の炎症(やけどのようなもの)から
汗をかきすぎた環境で起きる塩分の増加による頭皮への影響など

 

冬=乾燥とは違い、多種多様な原因が頭皮を攻め立てます
特に皮脂が酸化するとそのまま毛穴を詰まらせたり、頭皮に付着して髪を弱らせるので注意が必要

 

とにかく紫外線対策が重要、朝方から昼過ぎまでが特に強くなります
日傘を差す、そもそも外に出ない、帽子をかぶる(通気性のいいもの)などが有効です

 

シャンプーは少し強めのものの方がいいですね。洗浄力が弱いと酸化した皮脂や汚れを落としきれないことも
かといって市販品のシャンプーは、必要な皮脂まで落とすので使うのはやめておいた方がいいです
紫外線を直撃すると、炎症する可能性が上がり、頭皮そのものを傷つけてしまいます